読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えることをやめたら死ぬ男のブログ

英語ペラペラな僕がHIPHOP、ビジネス、ITなどいろんな話題についてぺちゃくちゃ喋ります。

英語を話せるようになりたいならその勉強の仕方、間違ってるよ。英語ペラペラな僕が伝授する秘伝の3つの方法。

英語 英語勉強法

はじめに

最近僕のまわりで

「英語を話せるようになりたい」

という声をけっこう頻繁に聞くようになりました。

「どんな勉強してんの?」

と聞くと

TOEIC取るために参考書読んでる」

「”英語は簡単だ”って本を買ったんだ~」

「別に何もしてないけど?」

とかいう返答が返ってきますだいたい。

 

甘い。

 

付き合いたての高校生カップルがもう暗くなっているのに

帰るタイミングを見失って、

「帰らなきゃ…でも帰りたくない…!!」

という状況になってるのを見た僕の気持ちぐらい甘い。

 

いや僕の立場としては苦いのか…これ…?

 

ということでTOEIC高得点を

勉強(机でカリカリするという行為)をせずに

軽々ととった僕が秘伝の3つの方法をお教えいたしましょう。

ちなみにTOEICで高い点数を取るのと

英語が話せるというのは肌感ではあまり関連性がないように思います。

 

これは多少英語の知識がある人向けの方法です。

中学生の教科書は全部わかるよ、ぐらいの人向けです。

 

英語で読む

なぜ

とにかくインプットがまず大事。

インプットがないことにはアウトプットはできません。

何も食わずともうんこするやつがいたら

そいつは悟りを開いてるはずです。

 

インプットで一番いいのは読むことです。

音声はリスニングという意味ではたしかに良いし

最終的には必要っちゃ必要なんですけど

「あー聞き取れなかったー」

つって巻き戻すのとかめんどうでしょ?

 

時間効率を考えたら

調べながら、考えながらできる

”読む”という行為が一番です。

 

でもわからない単語ばっかだし

僕もニュースを英語で読み始めたころは

わからない単語ばっかりでした。

今でもわからない単語ばっかりです。

わからない単語はなくなりません。

永遠になくなりません。

でも前よりはすらすら読めるようになったなーとは思います。

つまりはそういうことなのです。

 

街でカッコいい人が英語でニュースを読んでたとしても

あんまりわかってない可能性はけっこう高いです。

医療系の記事とか見ると今でも吐きそうになります。

呪文みたいな単語が出てきます。

 

でも不思議なことにやってれば

少しずつ読めるようになってきます。

こればっかりはある程度の期間を置くしかないです。

 

たぶん3か月やってみれば

始める前よりずいぶん読めるようになってます。

 

とにかく読みながらわからない単語を一つ一つつぶしていく。

これだけです。

 

なにを読めばいいの?

これはどんな英語を話したいかによって変わります。

というのは読むものによって

使われる英語がまったく違ってくるからです。

ビジネス現場で10代が話すような英語は使っちゃダメです。

ダメじゃないけどダサいです。

 

  • ビジネスで話したいという人

このタイプはニュースを読むのがよいでしょう。

ついでに自分の業界のニュースを読めば

知識もつくし一石二鳥です。

 

  • 英語で友達としゃべりたい

そんな人はゴシップ系のメディアを見てください。

BuzzFeedとかPeopleとかかな。

普通のニュースよりはかなり話し言葉に近いです。

スラングとかもバンバンでてきます。

 

  • 別にしゃべりたくないけど?

帰れ

 

英語につかる環境をつくる

なぜ

言語を話せるようになるためには

とにかくその言語との接点を増やすことが重要です。

できるだけ多くの接点を作ることで

飛躍的に英語力が伸びていきます。

  

どうやって?

モチベーション保つためにも

自分が好きなことと関連づけることが大事です。

音楽が好きなら洋楽をたくさん聞くとか

映画、ドラマが好きなら見る時間を毎日つくるとか

好きなことがないならエロ動画を洋モノに変えるとか。

 

まあその辺は自分の好きなことを

英語でやるようにすればなんでも大丈夫です。

 

おすすめの方法

みんなにできて、超が100個つくぐらい

おすすめの方法があります。

それは

スマホの設定を英語に変える

です。

 

理由は

  • 日常的に使う単語がめっちゃでてくる
  • 常に身につけているものだから接点ハンパない
  • 外人のSiriとおはなしができる。

です。

 

本当にスマホででてくる単語は

日常で使うやつがかなり多いです。

”設定アプリ”なんか日常単語の玉手箱です。

曜日とかもですし、もうどのアプリ開いても

使える単語ばっかりですほんと。

 

これは今すぐやってください。

 

やり方は

設定アプリ>一般>言語と地域>iPhoneの使用言語

で変更できます。

 

マジで今すぐやってください。

そしてわからない単語をつぶしていきましょう。

 

実践的な能力をつける(超重要)

これはある程度の文章を組み立てられる人なら

絶対にやったほうがいいです。

絶対にやったほうがいいです。

大事なことなので2回言いました。

 

I have a pen.

とか文法も含めて理解できるなら絶対やったほうがいいです。

 

名付けて

一人留学

 

ネーミングセンスのなさは仕様です。

 

おそらく英語を話せるようになりたいと思ったら

まず留学が一番効果的だと考えるのではないでしょうか。

なぜ留学で英語が伸びるのかというと

英語で文章を組み立てて、実際に口に出す、という

一連の動作を強制される機会が圧倒的に増えるからです。

 

その一連の動作をくりかえすことによって

自然にすらすらとフレーズがでてくるようになるのです。

 

そしてそれは自分一人でもできます。

 

Example

たとえば今日は日曜日であなたは少し遅めに起きたとします。

昨日飲みすぎたーとか考えながらスマホを手に取ります。

酔っぱらったあなたの変な写真を友達がSNSにアップしてるのを見てイラつきます。

そしてふと考えます。

「あー腹へったー」

↑ここ!!

 

このタイミングで

「あー腹へったー」

を英語に訳してください。

 

そしてそれを実際にぼそぼそと口に出してください。

できるだけきれいな発音で言ってみてください。

どうせ誰も聞いてないので。

 

これを繰り返します。

あなたが頭の中でふと考えたことを

全部英語に訳して、声にします。

 

おそらく

「あれ?これなんて言えばいいんだろう…」

と思うことがあります。

それが大事なんです。それは伸びしろを具現化したものです。

すぐグーグル先生に聞いてみましょう。

 

「おなかがすいた 英語」

「焼肉食べたい 英語」

「金欠やべえww 英語」

とかで検索すればなんでもでてきます。

 

これを繰り返せば本当にすごいスピードで上達します。

今でも僕は一人の時はずっと英語でぶつぶつ言ってます。

完全に不審者です。

でも英語がうまくなるなら気にしません。

 

もう一歩踏み込む

しかしそれだけだと実践ではボロボロにやられる可能性が高いです。

ではどうすればいいのかというと

自分で会話を作ってみてください。

 

先ほどの例でいえば、もし外国人の友人が目の前にいたとして

「あー腹へったー」

とあなたがつぶやいたあとはおそらく

「なにか食べに行こうよ」とか「なに食べたい?」というように

会話が展開されていくかと思います。

それを自分一人でやっちゃってください。

 

それを英語で展開していくのです。

わからなかったらググる。それだけです。

 

これに慣れてくると、ふとした瞬間に

「あー腹へったー」

が英語で自然に出てくるようになります。

 

正直な話

ここで紹介した方法は誰にでもできる

簡単で

しかもかなり効率の良い方法です。

 

最後の最後にこんなこと言うのは申し訳ないのですが

これぐらいもできないのであればたぶんあなたは

英語を話せるようになりたいとはあまり思ってないです。

 

きっとあなたがやりたいことは他にあるので

それに時間を費やすほうがいいと思います。

 

まとめ

何も食わずともうんこするやつがいたら

そいつは悟りを開いてる。

インプット→アウトプット