考えることをやめたら死ぬ男のブログ

英語ペラペラな僕がHIPHOP、ビジネス、ITなどいろんな話題についてぺちゃくちゃ喋ります。

最初の3年で仕事人生の大半が決まるとかいううつ患者量産型フレーズはもうやめろ

こちらの記事に対する感想です。

 

sudoken.hatenablog.com

 

まずね、一定の期間内に何かを達成できなかったら

一生挽回不可能という考え方自体

とてつもなく巨大な違和感を感じるんですよ。

だからといって、あとから取り返せるならまあいっか、と

だらだらし続けることを正当化するつもりは

まったくありません。

 

でもこういう考え方が称賛され、

もてはやされることによって

必要以上にプレッシャーを感じ、

抱え込んでしまう人がいることをわかってほしい。

 

 

あんまりモノを考えずに仕事してしまうと、ほぼ取り返しがつきません。

最初の3年で仕事人生の大半が決まる説 - sudoken Blog

 

 

自分の頭でモノを考えずに、ただ仕事をこなしたり 自分の手でコトを動かさずに、ただ評論してみたり 最初の3年間でこういう働き方すると、もはや沈殿し、 そこから再浮上した奴を、未だかつて見たことがないのです。

最初の3年で仕事人生の大半が決まる説 - sudoken Blog

 

 

というのも、3年で突き抜けてしまえば、仕事の機会が圧倒的に増えます。 そうすると、経験や場数で更に差が広がっていきますので 追いつくことはかなり難しくなります。

最初の3年で仕事人生の大半が決まる説 - sudoken Blog

 

 

ただ、自分がそうなってることに気づく機会というのは最初の3年間を過ぎたら 一生ありません。

最初の3年で仕事人生の大半が決まる説 - sudoken Blog

 

 

こういう「一生ありません」とか

「取り返しがつかない」とか

いかにもうつ患者のアゴを狙って

フルスイングで打ち抜くようなワードが

盛りだくさんでなんだか読んでて不安になりました。

 

ただ言ってることが正しいなと思う部分はあります。

自分の頭で考えるスタンスがないと

ダメというのはその通りだと思います。

だけどそれを最初の3年で身につけないと

一生取り返しがつかないというのは

あまりにも行き過ぎた考え方というか、

それでがんばれる人もいるのかもしれないけど

「じゃあ最初の3年ダメだったからもう俺ダメじゃん死んだ方がマシだな」

って考える人もいるわけですよ。

 

そもそも社会にはこういう考え方で

バリバリがんばれる人と

そこまでポジティブには考えられない人が存在してて

まあ前者の方が活躍しやすい社会なんだと思います。

当たり前ですよねゴリゴリ行動できて失敗して

それを見直して学んで、また行動する。

それができるんだから活躍できるチャンスが

回ってくるのも当然だと思います。

仕事で活躍するという

極めて限られたフィールドにおいては

正しいかもしれません。

 

でもね、そういう人たちの考え方が

”正しい”考え方で、

そうじゃない人はダメなやつ、

しかももう取り返しつきません残念でしたー

みたいな認識はつくるべきじゃないと思います。

 

特に日本はなんといっても周りのことを

気にする民族だと思いますし

こういう意見がネットとかSNS

もてはやされてるとプレッシャーなんですよ。

別にバリバリできる人がいたっていいし、

のんびりしたい人がいたっていい。

考え方とか仕事に対するスタンスとか

人それぞれじゃないですか。

こういう意見を持ってる人がいるのは

まったく問題じゃないけど

こういう考え方が”正しい”考え方だって

認識が広がるのは非常にマズいと思います。

 

この記事の冒頭で

 

今年も内定者達が初々しく社会にデビューしようとしていますが、 そんな人たち向けのエントリーを書いてみます。

最初の3年で仕事人生の大半が決まる説 - sudoken Blog

 

と書いているのですがこれがまた本当に

無慈悲だなと。

 

新入社員なんて社会のこと

なんにもわかってないじゃないですか。

ベンチャーのCEOやってる人の言葉なんか

まるで金科玉条の教えのように聞こえるんですよ。

 

「あぁ、この人が言ってるんだったらその通りに違いない…!」

 

とか思っちゃうんですよ。

それはもう本当に仕方がないことだと思う。

無垢な学生たちは責められません。

そういう新入社員たちの中にも

バリバリがんばれる人とそうじゃない人がいて

そうじゃない人たちにとってはこの金科玉条の教えが

あとから肩にのしかかってくるんですよ。

ものすごい重さで。

本人たちはがんばりたいと思っているのに

結果がついて来ず、

気がついたら3年たっちゃって

「あ、もう取り返しつかないんだ…」

と思ってしまってもおかしくありません。

 

大丈夫です。取り返しはいくらでもつきます。

本当にがんばろうと思ったら何歳からでも

なんだってできます。

 

例えばね、40歳からプロ野球選手になりたいと

思ったとして

まあそれは無理なわけですよ。

うん、それは無理。肉体的に無理。

でもね、そこから野球を始めて、

練習に参加したりなんかして、

友達ができて、プロ野球観戦も

違う角度から見れるようになって

いつも飲むお酒がおいしくなったとか、

ありえる話じゃないですか。

 

たしかにプロ野球選手になる、

という部分は達成できてません。

でもそこまでいったらそんなこと

どうでもよくなってるんですよ。

ただ自分があのとき野球を始めてよかった、

幸せだ、という感情で

頭の中は埋め尽くされているはずです。

 

たしかに達成はしてません。

でもあなたは行動したことで確実に幸せになります。

だったら別にいいじゃないですか。

今よりもずっと幸せなんだから。

 

本当に大学生ってピュアなんですよ。

「こういう考え方もあるのか。でも自分は違うな。」

と冷静に自分のことも分析して

行動できる子なんてそうそういないです。

だからこういう意見がネットで称賛されてたら

そうじゃないとダメなんだって

思いこんじゃうもんなんです。

 

自分がバリバリできる方じゃないかもしれない、

と思ったならそれはそれでいいんです。

あなただけの幸せが必ずあります。

まったく恥ずかしいことじゃないし、

誇りに思っていいことです。

 

だから一生取り返しがつかないとか聞きたくないんです。

みんながそういう気持ちで

仕事をしなきゃいけないと思ってほしくないんです。

 

純粋で素直で努力家で

責任感が強くて仲間思いがゆえに

悲しい人生の終わりを迎えたなんて

僕はもう誰からも聞きたくありません。