考えることをやめたら死ぬ男のブログ

英語ペラペラな僕がHIPHOP、ビジネス、ITなどいろんな話題についてぺちゃくちゃ喋ります。

英語の発音は汚くても下手でも大丈夫?

 

久しぶりのブログ更新は

最近個人的にホットな話題の
英語の発音についてです。
 

発音は気にしなくてもいいはウソ

きれいな発音のほうがいいに決まってる

そもそもなぜ英語学習を始めたのかを振り返ってみると

発音の重要性がよくわかると思います。

 

僕の場合はHIPHOPに憧れ

歌詞を理解してラッパーと対等に話したかったので

英語を学び始めました。

 

おそらくみなさんも音楽やドラマ、映画などの影響を受け

海外のスターみたいに英語を話したくて勉強し始めた部分が

少なからずあると思うんです。

 

そこにたどり着くには発音は避けて通れない道ですし

きれいな発音の英語を話せるというのは

大きなモチベーションアップにもつながります。

 

僕はいつまでも日本語なまりの英語を話すのは

正直ダサいと思います。

 

でも確かに発音を気にしすぎると害が多い

英語初心者の友人の話ですが

海外のアーティストに憧れて

英語を学び始めたくちでして

発音には非常にこだわりが強いです。

 

なので本当に英語の吸収速度が遅いです。

 

え?

と思われたかもしれませんが本当です。

発音を気にしすぎると英語学習全体の速度が落ちます。

 

発音を気にしすぎている状態というのは

どういうことかというと

単語や文法を学んでいるときに

発音が気になっちゃって先に進まない

もしくは進むスピードが落ちている状態です。

 

なぜこんなことが起きるのかというと

彼が英語初心者だということが問題なんです。

 

初心者だと覚えなきゃいけないことが非常に多くて

時制だったり単語の使い方だったり

英語を話せる人にとっては当たり前のようなとこで

つまずいたり悩むことがあちこちであります。

 

そんな状況で発音に気を取られると

覚えなきゃいけないことを覚えることさえ

ままならない状態になってしまうんですね。

そんなんで学習スピードが低下してたりしたら

はっきりいって英語なんて一生話せるようにはなりません。

 

最速で英語を学びたいのであれば

初心者のころは発音を気にしない方がベターです。

 

かといってずっと発音を学ぶことを避けるのはダメ

僕がもの申したいメインの対象は

英語中級者以降の人たちです。

 

ちなみにここでいう英語中級とは

高校卒業程度の英語力を有していることです。

正直それぐらいの英語の知識があれば

十分初心者は脱しています。

 

彼らは初心者のころから

発音をあまり気にしてなかったから

英語中級レベルにいたっても

発音が汚いです。

それは別に悪いことじゃないんですよ。

たぶんそれが最速で

英語を習得できる方法ですから。

 

でもね、

そのへんで修正していかないと

ずっとその発音ですよ?

 

英語を始めたときに

「ドラマみたいにスラスラ英語が話せたらなあ~…」

なんてのはこの先一生達成できなくなりますよ?

 

海外に行って感じたのは

やはり”日本人は発音が悪い”という印象が

外国人についてしまってるということです。

 

それは日本語と英語が言語として

あまりにも違いすぎるので

仕方ない部分もあるかとは思うのですが

それでもやっぱりあきらめないで

発音を学ぶというのは

英語を学習するうえでは

避けられない壁なんじゃないですかね。

 

 

 

”どうしたら発音がよくなるか”という部分については

後日書いてみようかな~と思ってます。