考えることをやめたら死ぬ男のブログ

英語ペラペラな僕がHIPHOP、ビジネス、ITなどいろんな話題についてぺちゃくちゃ喋ります。

フリースタイルが流行ってもHIPHOPが日本で定着しない理由

 

 

最近ちまたでフリースタイルがけっこう流行ってるっぽいね。HIPHOPが大好きな僕としてはこのままいろんなアーティストが売れて、

 

HIPHOPが日本に根付いてくれればいいな~」

 

と心から思っています

 

 

 

 

たぶん定着しないだろうと思います。高校生RAP選手権のスターたちの半分以上は箸にも棒にも掛からずに消えていくでしょう。

 

 

それはHIPHOPという文化が日本になじまない、という部分が大きくかかわっています。なぜそう思うのか、お話ししたいと思います。

 

 

 

文化的側面

反抗的な環境で生まれたHIPHOP

HIPHOPの歴史を若者に押しつけて、あーじゃないこーじゃないとだらだら話すようなおじさんにはなりたくはないのですが、これはかなり重要な要素なのでちょっと我慢してお付き合いください。

 

 

まあかなりざっくりお話しますと、HIPHOPというのは「反逆」や「反抗」という姿勢から生まれた文化です。黒人差別や貧困、盗みや殺人などの犯罪やギャングの抗争などが勃発しているなかで、それらに対してあらがう、という精神から生まれた文化がHIPHOPなんですね。

 

「俺はこんなところから抜け出してやる!」

「クリーンなマネーを稼いでやるぜ!」

 

とか、まあだいたいこんな感じのメンタリティーがHIPHOPに広く普及しています。

 

 

それがどこにつながるかというと、早い話が「反抗」というものは「個人主義」と背中合わせなんです。

 

「お前はこうだけど、俺はこうだ」

 

という意識から反抗的な思想や姿勢が表れてくるんです。

 

 

もっと言えば

 

「お前がそれならそれはそれでいい」

「だけど俺の居場所も認めろ」

「俺はこんなことができるから見てくれ」

 

といったような自分を確立させる、個人主義的な文化がHIPHOPだと僕は思ってます。

 

 

ちなみにHIPHOP=ラップではないです。HIPHOPは音楽ジャンルというよりも文化なんです。そしてラップは歌唱方法の一つです。それ以上でもそれ以下でもないです。なので誰でもラップはできますし、ラップはみんなのものです。

 

 

一方、HIPHOPはラップとは違って文化なので、だからこそあいつはHIPHOPだとかHIPHOPじゃないとかいう議論がうまれてくるんですね。HIPHOPにそぐわない奴を排除しようとするような動きが出てくるのはHIPHOPが文化だからなんです。

 

 

 

波風立てないことが美徳の日本

じゃあ話を戻して日本という国はどうかというと、「反抗的」から世界で一番遠いと言いたいぐらい従順な国民、文化です。

 

 

まあ要は集団主義です。みんなに迷惑をかけないように人目を気にしながら、自分の欲求を抑えつつ上手に賢く世渡りする、それが日本的美徳なんです。

 

 

もちろんそれが悪いわけではないと思います。トヨタカイゼンだとか街にゴミがなくてきれいだったり、24時間営業の店がたくさんあって便利で犯罪が少なかったりするのは日本がそういった文化だから自然にできているんだと思います。

 

 

でもやっぱりHIPHOPとは相容れない感じはしてきませんか?

 

 

 

目立とうとするなんてもってのほか

やっぱり目立たない方がいいんです。出る杭は打たれるのが日本です。縁の下の力持ちが好かれるんです。

 

 

がんばって努力してカッコよくなって

 

「ねえ、俺カッコいいでしょ?」

「こんなにがんばったんだ!見てくれ!」

 

という態度をとると真っ先に叩かれます。

 

 

HIPHOPってけっこうそういうとこあるので、これがダメってなるとけっこう痛手です。というか今のアメリカで見るHIPHOPってほとんどそうじゃないですか?

 

 

日本ではカッコいいのにカッコつけないのがカッコいいらしいです。僕はよくわかりませんが。

 

 

 

なんてことないものが売れる

そんな日本で売れたHIPHOPラップという歌唱方法を使ったアーティストを見てみると

 

 

ね?そつないでしょ?

 

 

誰かを攻撃したり反抗心をむき出しにしたトゲトゲしいものはあまり好まないんです。

 

 

その昔ZEEBRAとkjのいざこざがあったとき、ケーダブがRIPとKICKをDISったとき、やっぱり一般の人たちのリアクションはドン引きしてた記憶があります。

 

 

蛇足ですがちょっとKREVAだけ微妙なラインをいってる印象を受けます。彼はトゲのない音楽で市場から支持を集めつつ、HIPHOPな一面も見せてくるんですよね。たぶんそういったところが彼が日本語ラップのKINGと呼ばれる所以でもあるのかなと思います。

 

 

 

言語的側面

世界一ダサい言語

正直日本語は世界にある言語の中で音楽的にずば抜けてダサいと思います。ラップに合ってないだけかと思いきや、こないだ友達のバンドのボーカルも同じようなこと言ってたんで、もしかすると音楽界の共通認識なのかもしれません。

 

 

そもそも日本語はイントネーションが少ないんです。イントネーションが少ないので抑揚のあるリズムをつくりづらく、ラップをしてもお経みたいになるんですね。

 

 

あと例えば英語で

 

「I don't know」

 

って早めにくっつけて発音すると

 

「アロノゥ」

 

みたいな感じになるんですが、これがスムーズで流れるようなメロディをとてつもなく奏でやがるんです。

 

EMINEMなんかのラップ聞いてると、本当にラップが楽器の一つかのようなリズムをつくりあげてるのがよくわかります。

 

じゃあ日本語はどうなのかというと、日本語だと五十音をそれぞれ律儀に発音するので前後をくっつけてなめらかに言える、なんてことは100%ありません。

 

なのでラップが細切れになるというか、カチカチした硬い感じにどうしてもなってしまうんですね。イメージ的には木魚をポコポコ叩いて出るような、断片的なリズムになってしまうんです。

 

その影響は歌詞の内容にも及ぶんですが、上で書いたようなことが理由で英語の方が短い時間で長い文を言えます。なので1バースにより詰めこめるんです。

それが

 

・・**・・**  ・・**@@@@

@@@@・・**  ・・**@@@@

 

みたいなラップを可能にするんです。これ言ってる意味わかりますかね?ようは複雑に韻を詰め込んで、なおかつ意味を通すことができるんです。

 

 

日本語だと

 

・・・・@@@@  ・・・・@@@@

・・**・・**  ・・・・@@@@

 

所詮これぐらいの構造の韻の踏み方しかできないんです。しかも複雑にすればするほどあんまり意味は通じなくなっちゃいます。それは英語も一緒なんですが、やはり日本語の方が顕著です。

 

そのうえそれが日本人には親父ギャグみたいに聞こえちゃうもんだからもうどうしようもない。日本語のラップをカッコいいと思わせるのがどれほど難しいことか。

 

 

 

生き残る唯一の方法

それでもなんとか日本のラッパーたちは答えを見つけ出そうとしていますが、おそらく答えはこの2パターンのみです。

 

 

日本語の悪いところをなるべく見せないように、そして英語も取り込んでスムーズなフローを出す。

(AKLO、SALU)

 

日本語ダセーと思うところをあえてそのままに。そもそもそれがダサいという価値観ごと変えてしまおう。でもUSチックなアクセントも散りばめる。

(kohh)

 

 

あとは結局ファンモンとかKICK THE CAN CREWとか、そういうスタイルにいかないと音楽ではあんまり食っていけないので、僕はこの2パターンしか生き残っていけないといっても過言じゃないかなと思ってます。

 

 

 

日本語ラップの限界

でも日本語ラップにはやっぱり限界があって、同じトラック、同じラッパーで、言語は日本語と英語選べるとしたらやっぱり英語の方がカッコいいんですよ。単純に音という面で見ると絶対に英語に軍配が上がってしまうんです。

 

 

意味がわかった方がいいという人たちが存在するのは知っていますし、気持ちはよくわかります。

 

でもね、それはあなたが日本人で、日本人のラップを聞いてるからなんですよ。

 

これから日本人の人口は減少していくし、国内の音楽市場だけを対象にしてたらラッパーなんて食っていけないですよ。 

 

 

そうなると日本人ラッパーは海外のラッパーと競争にさらされるんです。そこで評価されるのは基本的には音です。

 

 

例えばアメリカ人は外国人のラッパーの曲の良し悪しを判断するときに、その曲を聞いた瞬間に歌詞の意味がわかるかどうかで決めるわけないです。

 

そもそも英語以外は全部意味がわかんないんで、音で判断するしかないじゃないですか。基本的には。

 

 

そうなるとやっぱり日本人ラッパーの海外輸出は難しく、HIPHOP文化を受け継いだ日本人ラッパーが消え、日本ではファンモン的なラップがHIPHOPを駆逐する、ということはやっぱり、日本にはHIPHOPは根づかないだろうなあ…

 

 

と思ってつらつら書いてみました。